インプラントと入れ歯・ブリッジの違いは?

歯を失うといっても、その本数や場所は人によって異なります。
個々のお口の中の状況によって治療方法は異なりますが、失った歯を補う治療方法は、主に取り外し式の「入れ歯」、固定式の「ブリッジ」、
そして「インプラント」の3つです。
これら3つの違いをご紹介しましょう。


【入れ歯とは】

歯を完全に失ってしまった場所は、歯ぐきだけになってしまいます。
そのため、その部分をセラミックまたはアクリル樹脂の人工歯を並べたアクリル樹脂の土台でできている入れ歯で補います。
入れ歯は、インプラントやブリッジと比べて装着時の違和感や異物感が強くなり、噛む力も弱くなってしまいます。

入れ歯は取り外し可能で、総入れ歯と部分入れ歯があります。
総入れ歯はその名の通り総ての歯がなくなってしまったときに装着します。
歯ぐきや粘膜の形にしっかりとあった入れ歯であれば、ある程度快適に装着できますが、
入れ歯があわないと外れやすかったり、痛みが出たりする可能性もあります。また、歯ぐき全体を覆うため、食べ物の味や温度を感じにくくなることもあります。
部分入れ歯の場合、その多くは残っている他の歯にクラスプと呼ばれる留め具を引っ掛けて安定させます。
クラスプをかけた歯に負担がかかりやすく、結果的に歯を痛めてしまったり、虫歯になってしまったりします。


入れ歯
 *入れ歯のメリット
・保険適用可能範囲であれば費用が安い
・全ての歯がなくなっても治療できる
・治療期間は比較的短い
・手術の必要がない

【ブリッジとは】

失ってしまった歯の両隣の歯を大きく削って支えにし、そこに橋(ブリッジ)の様に一体型の被せ物を接着する治療のことです。
接着剤で固定される分、取り外し可能な入れ歯のように動かず安定し、ほとんど天然歯と同じように噛むことができます。
しかし、健康な歯を大きく削らなければならないため、削った歯に負担がかかって痛めてしまう可能性もあります。
またブリッジと歯茎の間に食べかすが詰まりやすく虫歯の原因にもなります。支台となっている歯が痛むと、
支台歯自体や被せ物が割れてしまうことがあり、その場合は再度ブリッジを製作したり、他の治療を行なったりしなければなりません。


ブリッジ
 *ブリッジのメリット
・保険適用可能範囲であれば費用が安い
・入れ歯と比べて違和感がなく、自然歯に近い状態で噛める
・治療期間は比較的短い
・手術の必要がない

【インプラントとは】

歯を失ったところにインプラントを埋め込み、独立した歯として機能するように治療する方法です。
入れ歯やブリッジと違って、他の歯にクラスプを引っ掛けたり、大きく削ったりする必要がなく、残っている健康な歯を守ることもできるのです。
入れ歯のような異物感や味覚障害がなく、ブリッジよりもさらに違和感なく強い力で噛むことができるため、ほとんど自然歯と同じように食事を楽しむことができるでしょう。
見た目も自然ですので、自信を持って歯を出して笑うことができる点もメリットと言えます。

インプラントオーバーデンチャーという、インプラントに入れ歯を固定する治療法も行うことができます。
入れ歯が顎の骨にしっかり固定されるため、外れやすかったり、強く噛むことができなかったりしていた問題も解決することができます。



 *インプラントのメリット
・他の歯への影響がない
・全ての歯がなくなっても治療できる
・自然で美しい口元になる
・違和感なく、天然歯と同じように噛むことができる
・きちんとケアすれば10年以上使用することができる


【最後に】

ほんの一部ではありますが、入れ歯、ブリッジ、インプラントの違いをご紹介しました。
初めから一つの治療法だけを検討するのではなく、様々な治療法を知った上で、患者様ご自身の治療法を決定することをお勧めします。

神奈川県横浜市の長津田南口デンタルクリニックでは、インプラント治療を専門的に扱っております。
インプラント治療は自由診療となるため高額な治療です、だからこそ当院では患者様ご自身の歯で噛める幸せを20年の保証と自信を持ってご提供致します。
まずはお気軽に無料のご相談から